キャンピングカー レンタル キャンピングカー レンタルを利用して楽しんでみませんか
 
トップページ 料金・車紹介 規約 予約・問い合わせ

       

レンタルキャンピングカーの選び方  20185月記事

 

 キャブコン(種類に関してはこちらをご覧下さい)

 多いのはトラックベース(カムロード・ボンゴなど)を使用したキャンピングカー

 中でも一番多いのはトヨタのカムロードです

 なぜ多いかと言うとキャンピングカーを作るメーカーには、

 トヨタさんからキャンピングカー専用シャーシを

 フレームで売られているのでコスト面・作りやすさで選ばれます

 ですからレンタルキャンピングカーでも多く採用されています

 

キャブコン キング

 

以前我社がレンタルしていた

←キャブコン

トラックベース・キャブコン

(カムロード)

トラックベース・キャブコン

(カムロード)

 

 

 しかしトラックベース (カムロード・ボンゴなど含む)には弱点があり

 それは乗り心地と車両後部へのエアコンです

 乗り心地はショックアブソーバーなどの強化部品で向上しますが

 夏場の車両後部へのエアコンはそうはいきません

 トラックベース (カムロード・ボンゴなど含む)3人乗りをベースとしているので

 走行中後部にはもともと新車時からエアコンの設定がありません

 後付けで車両後部へのエアコンを各キャンピングカーメーカーさんが取り付けしています

  

 2005年に我社もカムロードベースのレンタルを始めましたが、

 その頃にはそんなに暑くなかったので問題はありませんでした

 しかし最近の夏場の異常な暑さには厳しいものがあります

 「カムロード コンデンサ」「カムロード エアコン 効かない」と

 検索して見て下さい。いろいろ出てきます

 2017年まで弊社もカムロードを使ってきましたが、今はハイエースをベースにしたキャブコンを 

 使用しています

 

 ではなぜハイエースベースが良いかと言うと

  ハイエースはもともと車両室内も大きくコンデンサも大きいのが付いているのでよく効きます

 我社のハイエースベースは3ナンバーGLワゴンをベースに改造しているので

 乗り後心地は乗用車で走行中のエアコは前後にある純正Wエアコンが標準装備

 ですから走行中エアコンは問題はありません

 

 

 カムロードでも最近はコンデンサの改造とか

 キャンピングカーメーカーさんが独自で家庭用エアコンをバッテリーで駆動させる 

 システムの開発も進んできています

 しかし残念ながらレンタカーではまだまだ出ていないのが現状です

 

 

 夏場キャブコンをレンタルされる予定の方は

 ハイエースベースのような新車時

 Wエアコンが純正であるキャンピングカーをお選び下さい

 

 そして我社のレンタカーは全て4WDを採用していますので

 冬場でも安心してお使い頂けます

 山に行かれる方・冬場の走行(冬場はスタッドレスタイヤ装着)など突然の天候悪化にも 

 対応できますので是非4WDのキャンピングカーをお選び下さい

 

 

    ※エアコンとは車両エンジンが始動している時のことを言っています

 

        

                   

 
★ ご用意するレンタカーはすべて普通免許にて運転できますご安心してご利用下さい
★ ナビ、ETCが付いているので遠方に遊びに行った時に便利です
★ 名古屋市内ですので受渡し及び返却が便利です 地図
キャンピングカーレンタル名古屋
ツネイシ株式会社 キャンピング事業部 〒462-0023 愛知県名古屋市北区安井3-7-19  TEL : 052-914-3748
携帯 : 090-3256-4307(担当 カンバラ) FAX : 052-914-3692 E-mail : rental@tsuneishi.jp
Copyright © 2005 camping car rental All rights reserved