キャンピングカー レンタル キャンピングカー レンタルを利用して楽しんでみませんか
 
トップページ 料金・車紹介 規約 予約・問い合わせ
 ルーフエアコン《ピアクール》好評販中!
      売切れ

☆ワイヤレスリモコンで遠隔操作可能!

☆ホンダEu16i等のエコスロットルモードのある

発電機でも使用でき、消費電力約9A(冷房時瞬間最大約13A)と少なく経済的です

☆主要部分は日本製の家庭エアコン部品と

東芝家庭用のコンプレッサーをしようしている

ためメンテナンスや修理が国内エアコン業者

ならどこでも対応できます

☆騒音・振動は輸入エアコンに比べて格段に

抑えてあります

注意:キャンピングカーにて発電機を電源として使用する

ことを前提に設計されているカーエアコンであり

PSEマーク付きの家電ではないため商用電源での使用に

つきましては自己責任の範疇でお願いします

    ↑TOSHIBA製コンプレッサー

 

←エアコンガス充填口

  日本仕様になっていますので

  もしガスが抜けても簡単に注入できます

 

マイクロバス(バスコン)への設置例

ピアクールをマイクロバス(バスコン)に設置しました
このバスにはコールマンの「ポーラーカブ」が付いていましたので
それを撤去しての取り付けとなりました

バスの天井は凹凸があるので

クション材とコーキングで充分な高さ調整が必要です

キャブコン、クラスA、トレーラーなどの天井が平らな車両であれば問題はありません

ポーラカブ撤去後、仮置きした状態です

天井を見て頂いたわかるように凹凸面に水平に載せることがポイント

この状態ではグラグラしています

↑クション材とコーキングで固定完了 ↑ボディーと本体の間に水が入らなくしてあります

凹凸があった分、本体の高さが上に上がったので

室内機第一プレートと本体に隙間ができました

吸気と排気のダクトと分離する為に

四角いクション材を取り付けます

写真中央のL字部分

↑左写真の拡大です

高さに合わせてクション材をご用意下さい

←さらに拡大写真です

写真下部にコーキングが見えますが

ここが車両外とルーフエアコン本体

の隙間を埋めた所です

 

室内機第二プレートを取り付けて完成です

@天井に凹凸のある車両は必ず水の

入らない対策をすること

Aルーフエアコン→ピアクール

ルーフベント→ピアクール

それぞれに変更する場合天井の開口は通常

360×360ぐらいが標準ですので

室内第一プレートを取り付ける際に

一箇所穴をあけますので慎重に開けて下さい

(ボルトは8mmですので10mmぐらいの穴です)

B今回室内の蛍光灯が当り移設をしました

新たに天井を開口する場合は

充分図面を見て設置して下さい

★ ご用意するレンタカーはすべて普通免許にて運転できますご安心してご利用下さい
★ ナビ、ETCが付いているので遠方に遊びに行った時に便利です
★ 名古屋市内ですので受渡し及び返却が便利です 地図
キャンピングカーレンタル名古屋
ツネイシ株式会社 キャンピング事業部 〒462-0023 愛知県名古屋市北区安井3-7-19  TEL : 052-914-3748
携帯 : 090-3256-4307(担当 カンバラ) FAX : 052-914-3692 E-mail : rental@tsuneishi.jp
Copyright © 2005 camping car rental All rights reserved